サービスロボット開発技術展産業用ロボット開発技術展ロボットITソリューション展

会期 2018年6月7日(木)・8日(金) 会場 インテックス大阪

セミナー

※ロボット専門セミナーはこの他にも内容が決定次第随時掲載させていただきます。

6月7日(木) 10:30-11:30

新たなニーズに対応する次世代物流サービスへの挑戦

ヤマト運輸株式会社 設備管理部長
畠山 和生 氏

1991年 ヤマト運輸入社
2009年 三次主管支店長
2011年 羽田クロノゲート準備室 課長
2013年 クロノゲート推進室 課長
2017年 情報ネットワーク戦略課長
2018年 設備管理部長(現職)

[講演内容]
ネット通販の自分買いで宅急便の受け手の属性が広がり、それに伴って受け取り方のニーズも多様になりました。この多様化するニーズに宅急便は新しい運び方を提案し続け、もっと自由な生活スタイルの実現を目指しています。
そんな挑戦の一つとして2017年4月〜実施した、自動運転社会を見据えた次世代物流サービス「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験を中心に弊社の取組みをご紹介させていただきます。

6月7日(木) 10:30-11:30

サービスロボットの世界動向と普及の課題

大阪工業大学 ロボティクス&デザインセンター長 教授
本田 幸夫 氏

デンソー、パナソニックを経て2013年より大阪工業大学ロボティクス&デザイン工学部教授、ロボティクス&デザインセンター長兼任、日本医療研究開発機構ロボット介護機器開発導入実証事業プロジェクトスーパバイザー

[講演内容]
世界的に進む高齢化の問題と人手不足の解決策として期待をされているサービスロボットの世界における研究開発動向を紹介し、なぜ実用化が遅々として進まないのか、技術面・インフラ環境面、法制度面・安全面・倫理面から考察をすることで普及に向けた課題を明確にし、サービスロボット新産業創出を実現するためにとるべき戦略案を紹介する。

6月7日(木) 12:00~13:00

「人とモノとの新しい関係を提案する
コミュニケーションロボットXperia Helloの開発と市場創造」

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
スマートプロダクト部門 エージェント企画開発室 室長
倉田 宜典 氏

初代エンターテインメントロボットAIBO(アイボ)や二足歩行ロボットQRIO(キュリオ)の開発に携わる
現在、ソニーの製品やサービスに搭載される音声対話技術開発企画のほか
音声合成とCGを使用したバーチャルアナウンサーの開発等を担当

[講演内容]
昨年秋ソニーモバイルが日本で発売したコミュニケーションロボットXperia Hello!に関してご提供している様々な新しいユーザー体験をご紹介するとともにそれを支える技術群の概要を解説。
発売後追加された機能や、コレボレーション案件、各種実証実験事例などもお話します。

6月7日(木) 12:00~13:00

インドに押し寄せるロボット化の波。
~サービスロボットと人工知能市場の動向~

株式会社エンセス 代表
ニルマラ 純子 氏

インド共和国・バンガロール生まれ。法政大学大学院修了
日印コンサルタント会社起業を経て、現在インドビジネスアドバイザーとして活躍。
来日以来の19年間で、ITと日本企業の海外展開、外国企業の日本市場参入を中心に活動。
主なプロジェクト実績は、サプライチェーンマネジメント、市場参入、マーケティング・販売促進、流通、特許申請、合弁・提携に関連するボーダー取引条件など。

[講演内容]
国際ロボット協会2017年の報告書によるとインドの1万人の従業員あたりわずか3台のロボットが存在する。比較すると、世界の平均ロボット密度は74です。インドのGDPにおける製造業の比率は現在17%ですが、インド政府はこれを2020年に25%まで引き上げようとしています。そして工業化の拡大に伴い、インダストリー4.0、スマートファクトリーという領域でのイノベーションが取り入れられようとしています。 このセミナーにてインドのロボット産業の現状や、産業・サービスロボットの最新活用事例、リーディングカンパニ事例、協働ロボットの最新動向や盛り上がるインドマーケットガイドなど紹介になります。
セミナーに参加してくれた方に「日本人が理解できない混沌の国インド政権交代で9億人の巨大中間層が生まれる」本をプレセントいたします。

6月7日(木) 13:30-14:30

ロボットビジネスの最前線と支援策
〜RobiZy(ロビジー)プロジェクトとは?〜

NPO法人ロボットビジネス支援機構(RobiZy)副理事長/
三井住友海上火災保険株式会社 公務開発部・上席課長
北河 博康 氏

2011年4月より三井住友海上の東京本社部門にて、経済産業省・農林水産省・厚生労働省などの中央省庁や地方自治体等の窓口となり、官民連携スキームを展開中。特に、ロボット分野に注力し、ロボット実証実験中の専用保険の開発・引受、セミナー・デモ展示会の企画、国・自治体事業の審査員・アドバイザー対応を行い、次世代ロボットの実用化・ビジネス化を強力に支援している。

[講演内容]
ロボットと人が共存する社会(社会実装)を実現するためには、リスク対策・保険手配など安全面の確保や出口戦略・事業化等、様々な課題を解決する必要がある。ロボットビジネス推進協議会の安全・規格検討部会/保険構築WG主査、NPO法人ロボットビジネス支援機構(RobiZy)の副理事長、埼玉県ロボットプロジェクト事業化推進アドバイザーなどを務め、次世代ロボットの普及促進を数多く支援してきた経験・ノウハウを踏まえ、具体的な事例や話題の『RobiZyプロジェクト』の概要を紹介しながら、ロボットビジネスを成功に導くためのヒント・方策を説明する。

6月7日(木) 13:30-17:00

【IoTスタートアップセミナー】 
IoT・ロボットビジネス成功へのアプローチ -2018-

主催:AIDOR共同体・大阪市

13:30-13:35 オープニング

13:35-14:20 講演1
近い将来コンビニはこうなる!?
技術力を集積した『次世代店舗』

講師
株式会社ローソン オープンイノベーションセンター マネージャー 
谷田 詔一 氏

国内で人口減少について目にしないほど情報が飛び交う、一方で世界的に自動化の流れが加速しています。自動車では自動運転、セキュリティでは監視カメラで不審者の捕捉など、どの業界分野を問わず効率化、自動化が必要となってきています。その中で大手コンビニのローソンは次世代店舗の先駆けとなる「次世代店舗」の実証実験をスタート。次世代店舗を実現するためにどんな技術が集約されているのか、近未来に先駆けるローソンの谷田氏がこれからの取組みについて語る!

14:20-15:05 講演2
業界の垣根を超えるのは当たり前?
IoTビジネスチャンス到来!

講師
ロボットスタート株式会社 取締役 / ロボスタ編集長
望月 亮輔 氏

アメリカでは5人に1人が持つと言われるスマートスピーカー。国内においても普及率が高まり、IoT、ロボットの市場も拡大される中、330もの製品・サービスをまとめた「IoTデバイスマップ」を無料で発表したメディアサイト「ロボスタ」を運営するロボットスタート社。そのロボスタ編集長の望月氏が「IoT・ロボットの現在地とこれから」を中心に、2018年前半のスマートスピーカーの最新動向を交えて、これからIoT・ロボットにどのようなビジネスチャンスがあるのかを語って頂きます。

15:05-15:15
IoT・ロボットテクノロジーを活用しビジネスを創出!
〜AIDORアクセラレーションのご紹介

IoT・ロボットビジネス創出プログラム 専門コーディネータ 小泉 智史 氏
一般社団法人i-RooBO Network Forum プロジェクトコーディネータ/
株式会社国際電気通信基礎技術研究所 知能ロボティクス研究所 専任研究員


15:15-15:30
受講生によるビジネスショートプレゼンテーション

〈登壇者〉
1)「空間視聴率という新たな概念を生み出し、空間を見える化による効率化『エーヨ!』」
合同会社ユキサキ 代表 神野 太志 氏

2)「建設現場とダンプをITで繋ぐ『残土処分マッチング DANPOO(ダンプー)』」
株式会社 Bridge セールスディレクター 高柳 将志 氏

3)「コンビニの廃油タンクを新デジタルサイネージで効率化」
浜田科学株式会社 代表取締役 岡野 嘉市 氏

15:30-16:00
登壇者によるパネルディスカッション
IoT・ロボットビジネス成功へのアプローチ


16:00-17:00
AIDORアクセラレーション個別相談会

6月7日(木) 15:00-16:00

「空の産業革命の可能性を探る」
〜ドローンが目指すエアモビリティの実現に向けて〜

日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員・エバンジェリスト
西脇 資哲 氏

最新技術やトレンドを紹介するエバンジェリスト。1990年代のインターネット時代から開発や起業を行い2009年日本マイクロソフト入社。2012年に日本経済新聞表紙にIT伝道師として紹介。2013年 日経BP社“世界を元気にする100人”に選出。ドローンの専門家であり国内最大ドローン投資ファンドのアドバイザリーボード。またアイドルグループ乃木坂46とラジオ番組を持つなど活躍も多彩。

[講演内容]
「空の産業革命」とも言われる小型無人飛行機「ドローン」。ドローン時代の到来、そして、様々な産業における可能性や社会を大きく変える可能性が期待される中、その市場規模の飛躍的な拡大とともに、今後ドローンに関わる人材の需要、ドローンに搭載される様々な最新技術への期待も高まるものと考えられます。セミナーではドローン愛好家でもありドローン投資ファンドのアドバイザリーボードでもあり様々なドローンビジネスに携わってきた立場からドローンビジネスの現状や今後の展望、要素技術と今後の期待技術などについてお話をいたします。

6月8日(金) 10:30-11:30

シャープ「ロボホン」の社会実装とこれから

シャープ株式会社
IoT事業本部 コミュニケーションロボット事業統轄部
ソフト開発部 主任技師
亀井 俊之 氏

2003年シャープ入社以来、携帯電話、スマートフォンのアプリケーション開発を担当。 2015年よりロボホンのアーキテクチャ、アプリケーション全般の設計、開発を行う。 現在は、世の中にロボホンを広めようと日夜努力中。

[講演内容]
シャープがロボットクリエイター高橋智隆氏と共同で開発した、世界初のモバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」の発売から二年が経ちましたが、毎月のアップデートによりその実力は大きく進化し続けています。
法人様向けソリューションも広がっており、受付や観光案内、プログラミング教育や多言語対応など、世の中で人の役に立つ仕事ができるようになってきました。
今回は、実際に社会実装されている事例のご紹介や、実機での実演を交えながら、単なる機械を越えて人の役に立つ「ロボホン」の魅力とこれからについて、ご紹介致します。

6月8日(金) 10:30-11:30

真の協働用ロボットを目指して

早稲田大学菅野研Nicebotチーム
プロジェクトリーダー、准教授
シュミッツ アレクサンダー 氏

2007年オーストリア ウィーン大学修士、2011年英国 シェフィールド大学博士。2011年10月、日本学術振興会の外国人特別研究員に採用され、早稲田大学理工学術院の菅野研究室にてポスドクとして研究に従事。2014年1月より同大学大学院創造理工科学研究科助教、2017年より准教授。
現在、早稲田大学発ベンチャーNICEBOTの創設者となるべく奮闘中。オーストリア・ウィーン生まれの35歳。

[講演内容]
近年、協働用ロボットの分野がますます注目を集めています。このようなロボットは人間との作業スペースを共有することができますが、それには安全性と使いやすさが不可欠です。本セミナーでは、安全性を損なう制御ループ内の遅延など現在のロボットに共通した問題をいくつか概説し、それらに対して機構的に安全なアクチュエータや柔らかく高感度なセンサを1つの解決案としてご紹介いたします。さらに、そのようなロボットの現場への応用可能性についてご説明いたします。

6月8日(金) 12:00-13:00

ドローンの産業利用に関して

株式会社スカイアスキー 代表取締役
今井 雅晴 氏

株式会社スカイアスキー 代表取締役
ドローンスクールジャパン大阪豊中校 代表
ドローンミュージアム堀江 CEO

[講演内容]
ドローンの産業利用に関して。

  • ドローンを取り巻く環境
  • 人材育成/養成/雇用創出における、現在そして将来の課題
  • 既存事業に対してドローン導入を検討する際に必要な事

など

6月8日(金) 12:00-13:00

高齢者が元気になるモビリティのための
エージェントロボットシステム

名古屋大学 未来社会創造機構・特任教授、特任准教授、研究員
青木宏文 氏、田中貴紘 氏、藤掛和広 氏

2002年東京工業大学大学院修了。博士(工学)。東京工業大学研究員、マサチューセッツ工科大学及びNational Space Biomedical Research Institute研究員、トヨタ自動車制御システム先行開発部、名古屋大学大学院工学研究科特任准教授を経て、2014年名古屋大学未来社会創造機構特任教授。専門領域:人間工学、自動車工学、有人宇宙技術ほか。自動車技術会理事、IEEE会員。

[講演内容]
名古屋大学COIでは、高齢者が自らの意思で、安心して安全に外出し、社会参加できるよう、様々な先進運転支援および自動運転システムなどを研究開発している。本セミナーでは、名古屋大学COIの先進モビリティ開発の活動内容を概説し、特に安全運転への行動変容を促すドライバエージェントロボットシステムの研究開発について述べる。ドライバエージェントロボットシステムは、注意喚起を主とする運転支援と、利用者の運転映像を用いた振り返り支援から構成される。エージェントロボット使用時の受容性や視線行動、運転行動変容効果の分析を行ったドライビングシミュレータ実験結果について紹介する。

6月8日(金) 13:30-14:30

サービスロボットとのなじみ社会の課題

大阪大学大学院 工学研究科 教授
浅田 稔 氏

大阪大学大学院基礎工学研究科修了。工学博士。1997年より現職。2013年から同大未来戦略機構認知脳システム学部門長(2017年より先導的学際研究機構・システム知能学部門長に移行)。ロボカップの創設者の一人。認知発達ロボティクスを提唱し推進し、JST ERATO代表、科学研究費特別推進研究代表を経て、現在JST戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)の研究代表。

[講演内容]
近年のAIやロボティクスの目覚ましい進展により、サービスロボットなどの人工物がどんどんわれわれの社会に導入されつつある。これらの人工物に我々人間社会がコントロールされるのではないかと言う危惧があり、そのため逆に我々人間側が人工物を完全にコントロールすべきとの意見もあるが、それが困難であることは自明と思われる。そこで、人工物を完全にコンロールするのでも、されるのでもなく、人工物との共生社会を考える。互いに助け合う関係で、これをなじみ社会と呼び、その課題について論じる。

6月8日(金) 13:30-14:30

ロボット革命の実現に向けて

経済産業省
製造産業局産業機械課ロボット政策室・課長補佐
栗原 優子 氏

東京大学経済学部卒業。米国コロンビア大学 経営学修士(MBA)
通商政策、競争政策、エネルギー政策等を担当した後、現職。ロボット産業の競争力強化、ロボット利活用による社会課題解決のための政策立案を担う。

[講演内容]
平成27年2月に「ロボット新戦略」が日本経済再生本部において政府方針として決定され、従来ロボットが活用されてきた領域のみならず、中小企業やいわゆる三品産業(食品、化粧品、医薬品)にも普及しつつあり、サービス分野でもロボット活用が進んできています。本セミナーではこの「ロボット新戦略」の概要について解説するとともに、経済産業省のこれまでの取組と今後の展望についてご説明いたします。

6月8日(金) 15:00~16:00

「World Robot Summit」の開催について

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
ロボット・AI部 主査 兼 ロボット国際競技大会準備チーム
和佐田 健二 氏

NEDO企画調整部、機械システム技術開発部にて新規制度やプロジェクトの立案を担当後、資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部政策課国際室にてシステム・インフラ輸出を担当。2012–14年NEDO新エネルギー部にて再エネ大量導入へ向けた系統対策プロジェクトの立案、「再生可能エネルギー技術白書」策定の企画・総括を担当。2014–17年NEDOシリコンバレー事務所次長、2017年10月より現職。

[講演内容]
東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年、世界のロボットの叡智を集めた競演会「World Robot Summit(WRS)」を日本で開催します(2018年には東京大会を開催)。ロボットの社会実装への取り組みの一つとして、準備が進行中です。世界のロボット関係者を一堂に集め、競技大会や展示を通じて、ロボットの研究開発や、リアルな日々の生活、社会、産業分野でのロボットの社会実装を加速させることで、人間とロボットが共生し協働する世界の実現を目指します。

6月8日(金) 15:00~16:00

被介護ロボットCaTARoの提案と開発

立命館大学 アドバンスドインテリジェントシステム研究室
情報理工学部 教授
李 周浩 氏

東京大学大学院工学系研究科 博士(工学)
立命館大学 情報理工学部 助教授
ATR 客員研究員
CMU RI 客員研究員
高麗大学 工科大学 研究教授
(現)立命館大学 情報理工学部 教授

[講演内容]
介護士を効率的に育成するための被介護ロボットCaTARo(Care Training Assist Robot)について紹介します。このロボットは高齢者の身体特性を模倣しており、介護動作を測定しフィードバックを返すことで介護訓練者の育成が可能です。また、CaTARoを用いることで介護用機器の定量的な評価が可能となります。


6月7日(木) 13:30-14:00

トラック行政の最近の動きについて

国土交通省近畿運輸局 自動車交通部貨物課 課長補佐
酒井 敏一 氏

6月7日(木) 14:10-15:10

ドライバー不足を解消する採用、面接、教育をそつなくこなす
『デキる管理者』の育て方

一般社団法人 日本トラックドライバー育成機構 代表理事
酒井 誠 氏

1964年生まれ。大学卒業後3年間の大手物流会社勤務の後、28歳で従業員10名、年商6千万円の鳴海急送合資会社の3代目社長に就任。企業価値をいかに高めるかを主眼に置き、新会社を設立、のちに分社化をし、非同族ながら社長就任20年で全国6拠点、売上高10倍、従業員数100名の物流企業グループを作り上げた。2014年JTDOを立ち上げ、物流人材育成にも努めている。


[講演内容]
一人でも多く応募してもらえる求人、数少ない応募を確実に入社させる面接、戦力になる前に辞められないための教育が重要です。8名の20歳代ドライバーを採用して、戦力化出来たナルキュウグループのノウハウは「管理職の伝える力アップ」にある。管理者の伝える力こそが『デキる管理者』の条件であり、その育成方法について解説したい。また、未経験ドライバー採用を敬遠できないこの時代だからこそのドライバーの行動が変わる初任ドライバーの育成ポイントも解説します。

6月7日(木) 15:20-15:50

配送進捗管理!時間管理、作業報告、スマホやカーナビで実現します

株式会社コムアソート 営業推進部 チーフアナリスト
佐藤 桂子 氏

コムアソートでは、システム営業として、ヒアリング→提案を日々行っております。
ご提案の際には、ご要件と現在取り組まれていることなどもお聞かせいただき、運用面でも実現可能で導入効果のある形を心がけています。
現在の職に就くまでは、機械メーカーでの営業事務や購買事務の経験があり、開発よりはユーザー目線だと思っています。

[講演内容]

  • 配送進捗管理に時間や手間がかかっていませんか?
  • ホワイトボードへの記入、電話での連絡などに追われていませんか? 
  • 配送状況を管理する担当者が不在でも対応できていますか?
  • 報告業務が滞っていませんか?
  • カゴ車などのマテハン管理ができていますか?
  • 付帯業務に費やされている時間、納品前の待機時間など管理できていますか?

スマホやカーナビを使って解決できるシステム提案があります!!

6月8日(金) 10:30-11:30

人材不足スパイラルから脱する運送会社プロモーション経営術

株式会社ドラEVER 代表取締役
岡野 照彦 氏

19年前にさいたま市で運送業を設立してグループ会社6社を運営させていただいております。6社ともに運送会社を中心としたサポート会社となり、その中でも人材確保プロモーションの支援を行っている「ドラEVER」のサービスが運送会社様の現状と今の時代に評価され、今回のセミナーの講師をやらせていただくこととなりました。


[講演内容]
人を雇ってもすぐやめてしまう、また求人募集を出しても人材が集まらない。このような悩みを抱えている運送会社に、約600社が掲載しているドライバー専門求人サイトを運営する弊社だからわかる求職者の動向、データから導き出した、「効果のあるプロモーション術」をお伝えいたします。

6月8日(金) 13:30-14:10

働き方改革により運輸業の労務管理はこう変わる

保険サービスシステム社会保険労務士法人 取締役
馬場 栄 氏

保険サービスシステム株式会社
保険サービスシステム社会保険労務士法人
取締役/特定社会保険労務士
『物流・運送業の課題と残業代対策に精通する、労務問題専門社労士。』「労使トラブルを防ぐ」ことを使命とする保険サービスシステムの特定社労士。経営者目線を考えた労務管理の提案に定評があり、3,000社を越える企業の就業規則改定や相談に携わる。各業界紙にて労務関連記事を連載中。

[講演内容]

  • 働き方改革で変わる法律のポイント
  • 知らなかったでは済まない民法改正による運輸業への影響度
  • 運輸でよくあるトラブル事例と対策
  • ドライバー採用が進んでいる企業に学ぶ採用の決め手は何か
  • ドライバー満足度が高い運行形態別賃金の支払い方

6月8日(金)14:30-15:30

運輸事業者とICT等のサポート企業と連携した
「安心・安全・エコ・健康」の取り組み

運輸デジタルビジネス協議会 事務局長(ウイングアーク1st株式会社)
小島 薫 氏

大学を卒業後、製造業で入社1年目に基幹システムの導入を担当。
業務系・情報系のシステム構築を数々の失敗を乗り越えて実現。
その後IT業界に身を投じ、現在ウイングアーク1st株式会社。
縁あって運輸デジタルビジネス協議会設立を事務として担当。現在事務局長。


[講演内容]
1社では解決が難しい運輸事業者の様々な課題をIT、製薬等のサポート企業が連携して議論し、仮説、実証実験を経て解決策を創出し、共有・活用することで業界をより「安心・安全・エコ」な社会基盤に変革するとの取り組みとその成果についてご紹介します。

  • 03-4360-5070